スポンサーリンク

オカッパリにはルアー回収機を持ってくべし!

バスフィッシング
スポンサーリンク

こんにちばんわ!

霞ヶ浦水系オカッパリアングラーのTakuです!

皆さんオカッパリの際はルアー回収機持っていますか?

結論から言うと絶対持って行った方がいいです!!

オカッパリはボートと違い根がかりを取りに行くことはできないので、せめて届く範囲のルアーは回収したい!!

特に近年は高価なルアーや、入手困難なルアーも多くせっかく購入できてもロストが怖くて投げれないなんてことも少なくないはずです。

ルアー回収機があれば根がかりを恐れず投げれますよね!

沖の方でスタックすると流石に回収機を使っても回収できない場合もありますが、霞ヶ浦水系の定番でもある護岸際なんかではかなりの確率で回収できます!

ちなみに僕が使っているものがこちら

こちらのダイワルアーキャッチャーはウェイトが2種類あり(ノーマルとヘビーウェイト)ノーマルが100g、ヘビーウェイトが120gでロープの長さはどちらも15mとなっております。

それなりに重量がありますがオカッパリでも持ち運びやすいサイズ感なので、ぜひオカッパリバッグに入れておく事をお勧めします!

釣具屋さんのスタッフさん曰く、ヘビーウェイトの方が人気があるそうです。

その他にも個人的に良いなと思う根がかり回収機をご紹介したいと思います。

(今回はオカッパリ目線でのセレクトになります)

ルーバ(スズセン)

ダイワのルアーキャチャーと似ているタイプですが、こちらの商品はスイベルを使用している場合に使える回収機になります。ルアーキャッチャーよりも軽量で持ち運ぶのも楽ですね!

  • ロープ長さ:20m
  • ロープ強度:39kg
  • 重さ:100g

ルアーリターンⅡ(ベルモント)

こちらのタイプはロープではなく、伸縮棒タイプの回収機になります。

ロープタイプの物より届く距離は短いですが、扱いやすく回収率は高めだと思います。

重量が少し重いのと長さがあるので大きめのオカッパリバッグ、もしくはロッドホルダーのようなものがないと持ち運びには少し不便かもしれません。

  • 長さ:仕舞寸法41cm 伸ばした場合:278cm
  • 強度:30kg
  • 重さ:235g

たんたんたぬきのルアーリトリーバー(カハラ)

こちらもロープタイプですが巻き取り用のリールのようなものは無く、手で手繰り寄せる仕様になっています。

他の方のレビューなんかを見ると意外と評判が良く、回収率も良いそうです。

価格も控えめなので、最初の一つとしてはかなり有りなんじゃないかと思います!

  • ロープ長さ:20m
  • ロープ強度:記載無し
  • 重さ:272g

この辺りがいいんじゃないかと思います!

他にもいろいろなメーカーさんが根がかり回収機は販売されているので、お好みのもので良いと思いますが、少し重量がかさむとしても1つはオカッパリバッグに忍ばせておいてください!

実際買っても持ち歩いていなければ、いざという時に使うことができないので。。

僕の場合はバッグの脇にフルクリップさんのコンテナーを付けて、持ち歩いています!

軽量で行きたい時は回収機にカラビナをつけてあるので、それをパンツのベルトループに取り付けて釣りをしています。

他にもルアーキャッチャーに他の回収機を組み合わせて使われている方もいらっしゃいます。

道具バサーで有名な「Kのフィッシングチャンネル」のKさんはダイワのルアーキャッチャーにレスキューロボを組み合わせて使用されているそうです。

おかっぱり最強ルアー回収機の作り方

回収機が有るのと無いのでは気持ち的にも違いますし、多少スタックの危険がある所でも攻めることができ、結果的に釣果につながることも少なくないはずです!

水中にルアーを残すことも無いですしね。

回収機を使った後はラインが痛む可能性もありますので、使用後にはラインチェックは忘れずに!!

ではまた!!

YouTube チャンネル

  『BASS Garage TV

       もよろしくお願い致します!

※釣り場のゴミは持ち帰りましょう!みんなで綺麗な釣り場を守っていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました